日本橋 宴づつみ

人形町多良々

国産食材の美味しさを詰めた
和洋彩り宴

5,600円(税込み)

かしこまらない和食と
伝統の中の
新しい味を楽しむ。

人形町駅近くにある和食店〈多良々〉は、大正2年に創業した割烹・八重洲とよだの二号店。店名は、四代目店主の富永一さんが幼少期を過ごした南米ぺルーの小さな港町「Talara (タララ)」に由来します。創業から受け継いできた伝統の味に加え、ペルーのテイストを加えた料理もいただけるのが特徴。くつろげる空間、滋味あふれる一皿一皿から、「かしこまらない食事を楽しんでいただきたい」という店主の想いが伝わってきます。
今回のお弁当は、そんな〈多良々〉らしいバラエティ豊かな内容になりました。一の重にはカニコロッケ、牛ヒレステーキといった誰もが好きな洋食の定番料理とともに、味わい深い地鶏生姜焼きが並びます。二の重は「国産食材にこだわって、上品な料理に仕上げました」との言葉通り、鮭の酒粕焼き、鴨タレ焼き、帆立有馬煮といった素材の味を引き出す和の手仕事を施した料理の数々が。そして三の重を開けると、木の芽の香りとともに春らしい筍と浅利の炊き込みご飯が顔を出します。目移りしてしまうような一品一品を、新しい季節を感じながらお楽しみください。

アレルギー食材:

小麦、卵、牛肉、鶏肉、大豆、甲殻類、貝類