日本橋 宴づつみ

ビストロサブリエ

果実と旬食材の春を味わう宴

5,600円(税込み)

ゆったりした時間が過ごせる、
本場フランス仕込みの
オリジナリティあふれるビストロ。

昭和59年、もとはフルーツパーラーだったお店が生まれ変わりビストロとなったのが〈ビストロサブリエ〉です。南フランスやパリでの修行を経てシェフに就任した今野登茂彦さんは、「手を加えて一つの皿を完成させるのがフランス料理の醍醐味。だからといって複雑ではなく、素直に美味しいと思えて、訪れるたびに〝おいしさの発見〞もある、そんな料理を楽しんでいただきたい」。と、独自のメニューを提供します。
今回のお弁当では、〈ビストロサブリエ〉のルーツである果物をふんだんに使った逸品が並びます。一の重・二の重は「色彩豊かな旬野菜とサブリエならではの果実との組み合わせにこだわりました」との言葉のとおり、生ハムと静岡産のマスクメロン、魚介のマリネと柑橘、ローストビーフとりんごジャム、鴨フィレ肉と博多あまおうなど、果実を使ったお料理の美味しさを再発見できるマリアージュがぎっしり。三の重の、はまぐりと菜の花のサフランライスはオレンジとともに炊いた爽やかな一品で、気分はまさに春。見た目にも鮮やかな、新しい季節を感じるひとときをお楽しみ下さい。

アレルギー食材:

小麦、卵、牛肉、豚肉