日本橋 宴づつみ

和牛すき焼き 伊勢重

手切り黒毛和牛の
極上すき焼き宴

5,600円(税込み)

東京一の歴史が信頼の証。
職人の手切りの技が光る、
最上級黒毛和牛のすき焼き。

明治2年に日本橋小伝馬町に創業した、東京で最も歴史のあるすき焼き店です。扱っている牛肉は、A5ランクの最上級の黒毛和牛のみ。創業当時から受け継がれているのが、塊肉から1枚1枚、手切りにする職人技です。「肉の面や繊維の向きに合わせて、ミリ単位で包丁の刃先の角度を調整できるのが手切りのよさ。機械切りでは出せない軟らかな食感を出すことができます」と、七代目の宮本尚樹さん。
お弁当の三の重にたっぷりと盛り込まれたすき焼きのお肉は、箸を添えるだけでその軟らかさを実感できます。「お店で出すものと同様のサシが細かく入った肉を、醤油風味がたったすっきりとした割り下で仕上げました」。口の中でふわっとほどける食感が真骨頂。食べるほどに肉の旨みが広がります。季節野菜をふんだんに使った彩りゆたかで食欲をそそる一の重に続いて、ロゼ色に仕上げたローストビーフと肉汁の甘さに酔いしれるシャトーブリアンステーキを詰めた二の重も、肉のプロフェッショナルならではの完成度。「すき焼きやステーキはお皿にうつしてレンジで少し温めればさらにおいしくなります」。

アレルギー食材:

小麦・卵・牛肉・大豆・エビ・ゼラチン・山芋